建設基礎杭研究開発助成金制度について


 一般社団法人日本基礎建設協会は、大学等の教育機関における建設基礎杭(場所打ちコンクリート杭)研究開発の活性化のため、建設基礎杭の基礎的研究・基盤的研究活動を助成し、併せて、優れた学生が建設基礎杭に魅力を感じ、当該研究者のもとに参集することを支援する制度を創設しました。
現在、大学の学部において、建築学部・土木学部の数が少数化してきているが特に建築の基礎については教授・学生とも大変希少となってきています。このまま大学の学部等が推移をすると、将来建築の基礎に興味を有した世代が育成されなくなり会社組織として弱体化してしまうばかりか、業界としても足腰が弱まってしまう事が推測されます。そこで、「基礎施工士」を認定している本協会として建築系の杭の研究者を育成し、ハード面ばかりではなくソフトウェア面でも発注主や元請に対する発言力を高める必要があることから、大学等の研究者に対して助成金を募集することとなりました。本助成金制度に関心のある方は、下記の規程をお読みになり、協会事務局へご相談ください。

○ 建設基礎杭(場所打ちコンクリート杭)研究開発助成規程